島ベジで健康的に

健康長寿の秘密は島ベジにあり

沖縄は長寿の島としても有名ですが、その秘密は普段の食事にあるとされています。沖縄には豚肉や油脂類を使った料理が多いのにも関わらず、健康な長寿者が多いのは肉類以上に植物性食品を摂っているからです。
健康長寿のお年寄りが日常的に食べているのが沖縄の伝統料理。その中心となる食材が島野菜と呼ばれるものです。代表的な島野菜には全国的にもポピュラーになったゴーヤー、ちょっとの辛味や苦味がクセになるシマナーやニガナ、カロテン豊富な島ニンジンなどがあります。
どの野菜も見た目の色が濃く、いかにも南国野菜という感じで食欲をそそります。ビタミンやミネラル、カルシウムなどの栄養分が豊富で生活習慣病対策や美容、アンチエイジングにもバッチリです。
伝統的な調理方法に加え、最近ではエスニック風や西洋料理風などにアレンジして提供する飲食店も増えてきており、これまでとは違った島ベジ料理を味わえたりします。

スーパーフードが豊富な沖縄

沖縄にはヌチグスイ(命薬)という方言があり、良い食材を使った食べ物は命の薬になるということです。つまり、今の言葉にすれば加齢や老化に対抗するアンチエイジングフードというニュアンスに近いわけです。そしてその代表的な食材が島野菜となります。
ゴーヤーやニガナといった伝統的な島野菜の他にも、沖縄には体の内側からキレイになるスーパーフードがいっぱいあります。
野菜ではありませんが沖縄の柑橘類として有名なシークワーサーはポリフェノールの一種であるレビレチンが豊富に含まれています。血糖値の上昇を抑えたり、ダイエット効果などがあり、これをドレッシングにして島野菜のサラダにかけて食べればアンチエイジングもバッチリです。
沖縄は異なる素材を取り合わせるのが上手なチャンプルー文化が根付いています。島野菜を使った料理も新しい料理法でさらに美味しく進歩しています。沖縄に来たらぜひとも島ベジを味わってみましょう。